topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチン打ってきたよ - 2010.12.06 Mon

御無沙汰しちゃっててすみません。
先日の雷雨で遭難してたわけじゃないです。
元気にやってます。


CIMG3738.jpg

銀はこの土曜日、三種混合ワクチンの接種に病院へ行きました。

1年ぶりの病院。
銀はあいかわらず、よそにくると籠の底でじーっと黙っています。

ワクチン接種のついでに、簡単な健康診断もしていただきました。
少し気になっていたこともあったので。

実は、銀のお腹には、何だか妙な具合に出っ張ったものがついてます。
直径約1センチくらいの、脂肪の塊のようなもの。
生後約4カ月の頃、うちに来た時からあるものです。
避妊手術の跡のどまんなかにあったので、おそらく手術の縫合がうまくいかなくて、
中の肉が出てしまったのかな、と思っていましたが、心配なので、
1年前にやはりワクチン接種した際に動物病院の先生に一応診察していただいていました。
(注:避妊手術は銀を保護していた愛護団体で行っていました)

診察の結果は、やはり手術の際のなんらかのミスでヘルニアを起こしているのかもしれない、
とのことでしたが、
しかし当猫は、腹の丸いでっぱりについて何らも気にしていない様子だったので、
しばらく経過観察、ということだったのでした。

今回の診察でも、特にでっぱりが大きく成長した様子もなく、
健康上も何の問題もないとのことだったので、
今後もこのまま放っておいていいものかどうか聞いたところ、
先生曰く、

「放っておいてよいものかどうかは、触っただけでは何とも言えない。
 おそらくは癌ではないし、大丈夫だろう、とは思うが、万が一を考えるなら、
 細胞を取って検査するか、もしくは手術をして取ってしまうのが一番良いだろう」

とのことでした。

CIMG3744_20101206220733.jpg

でも先生が言うには、このでっぱり、おそらく
臍ヘルニア
であろう、ということなのですよ。

臍ヘルニア
つまりは

でべそ

…でべそで手術…。

夫婦でしばらく悩みましたが、
今は何の問題もないようだし、銀もでべそを気にしてる様子は全くないし、
しばらくまた様子を見てみよう、ということになりました。

ただでさえ、病院にストレスを感じている様子の銀に、
でべそで手術までさせるのはどうか…と思ったのですが、
みなさんなら、どう考えますか?
細胞診だけでも、やっておいた方がいいのかな…。

少し悩んだりしてます。



下痢その後 - 2009.06.30 Tue

毎度ご心配をおかけして申し訳ありません。

先日、病院で注射を打ってもらったおかげか、
銀の下痢の方はおさまったようです。

けど、薬の副作用で、
ちょっと便秘ぎみになっております。

2、3日出ないかもしれないというのは、
注射の際に先生に言われていたことなので、
特段心配はしていませんが、
当の銀はいつもと違う体調の変化にブルーになっているようです。
天気も悪いしね。


gin

アンヌイ。



けど一応、昨夜2日ぶりにコロコロう○ちが出たことは出たんです。

先日駆虫薬を飲ませてから、はじめてのう○ちです。
回虫って「そうめんみたい」とか「もやしのよう(by union-jackさん)」と言われますが、
実物を見たことがないので、
う○ちを片づける時ちょっとドキドキでした。

「出てるかな~…」と。

出てませんでした(T-T)

普通のう○ちのようでしたよ。
ただ、より分けたり、紙に広げて探したりはしてないので、
中に隠れてたら分かりませんが。

また今度の土曜日に2回目の駆虫薬があるので、
これを飲ませてまた様子を見ることになりそうです。


gin

銀「また飲むの…?」

ごめんね。
でも虫はちゃんと退治しような。

下痢再び - 2009.06.27 Sat

昨日の夕方、用事を済ませて帰宅して、
銀のトイレをチェックしてみると、
ゆるいう○ちがありました。

2か月ほど前の下痢騒動を思い出しました。

夕飯の支度をしなければなりませんでしたが、
このまま銀を放っておくわけにもいかず、
かといって病院へ連れて行くほど具合が悪そうにも見えなかったので、
とりあえず先日行った病院(平均2、3時間待ちで、しかも家から遠い病院。評判が良い)
の処方食だけでも買って与えてみようと思い、
家からまた車を飛ばして買いに行きました。

で、しばらく様子を見たんですが…。

その後さらに調子が悪くなり、
銀はこの夜だけで4、5回トイレに入っていました。

下痢止めの薬を常備していなかったので、
薬を買いにまた車を飛ばして行きましたが、
もう夜でもあり、ホームセンターも薬局も閉まっていました。

まあ、出るもの全部出たら、もうトイレへ駆け込むこともなくなったし、
本人の食欲と元気はあるようだったので、
とりあえず次の日の朝(つまり今日)一番で病院へ連れて行くことにして、
この日は就寝。

朝になってまたトイレを見てみると、
またゆるいう○ちがありました。
このう○ちを袋に取り、銀をキャリーバッグに入れて、
昨日処方食を買いに行ったあの例の病院ではなく、
今月近所に出来たばかりの動物病院へはじめて行ってみることにしました。

新しい病院は設備も整っている感じで、ぴっかぴか。

その代りまだお客さんもまばらでした。

まあ、まだできたばっかりだしね。

受付を済ませて待合室で待っていると、
先生(若い)がじきじきにやってきて、銀の具合やら何やらを聞いていかれました。
その際、
先生「三毛ちゃんなのね(何故かおねえ言葉)」
私「いえ、サビというか…ヘンな柄なんですけど」
先生「僕はサビって一番好きなんですよ」
ええ~?ホントかあ~??(疑心暗鬼)とは思いつつも、
そう言ってもらえると、サビ猫飼いはうれしいもので。
好感度ちょいUP(笑)
簡単だなあ、おいw

しばらくして、名前を呼ばれました。
まず最初、銀をキャリーから出す前に、
先生は私たちから銀の容体について事細かに聞き、
真新しいカルテにしっかりと書き込んでいました。

それから持参した便を調べ、
銀の体重測定(2.9キロでした)、健康状態のチェック、
触診、体温測定(38.7度くらい)をしました。

そうそう、触診の際、下痢気味の銀のおなかを触りながら、
先生「ここはどう?痛い?痛かったら言うんだよ~」
と何回も言ってたのが印象深かったな(笑)

病院に来ると無口になる銀は、当然押し黙っていましたが。

結果ですが…。



なんと便の中に回虫の卵があったらしい(TOT)
旦那は顕微鏡の中を見せてもらってました。
丸いのが見えたそうです。

これまで、駆虫薬は3度飲ませてます。
家に来る前と、来た後と、それから、先日の下痢騒動の際。

しかしそれでもまだ駆虫できていなかったようです。

下痢の原因はこれだろうとのことで、
まず駆虫を徹底して行うことになりました。

それから、細菌の数もやはり多く出ていたそうです。
これについては、治療の内容や値段について明らかにしたうえで、
抗生物質の注射をするかどうか、飼い主側の私たちに尋ねられました。

このときは「この先生、信頼できるかも」と思いました。
最初にかかった病院で、高い注射でもなんでも、説明なしにバンバンうって、
べらぼうに高い治療費がかかったせいもあったかもしれません。

結局注射はしてもらうことにしました。

先生は銀の診察に1時間もの長い時間をかけてくれ、
(患畜が少なかったせいもあるけど、銀のあとに待ってた方も一応いました)
家で飲ませる駆虫薬と胃腸薬の説明も先生自らちゃんとしてくれました。

次は3週間後。
ちゃんと駆虫できたか診るそうです。

次は猫砂がつかないように慎重に便を取って持っていかなくてはなりません(汗)
出来るだろうか…。


薬です。

gin

両方とも甘い薬らしい。



gin

自宅に帰ってきた銀。
アンニュイな背中です。

良くなってきてます! - 2009.05.12 Tue

昨日で、病院からもらった薬がなくなったので、
今日から薬なしでしたが、
こちらの心配をよそに、銀は今日もころっとしたう○ちをしてくれました。

ころころバンザーイヽ(゚ー゚*ヽ)ヽ(*゚ー゚*)ノ(ノ*゚ー゚)ノ ワーイワーイワーイ♪

抗生物質とか、例のあのドライフードが効いたのかなあ。

フードの方は、とりあえずなくなるまで続けようと思っています。

大好きなウェットは、病院からもらったドライフードがなくなって、
おなかの心配がなくなってからあげるようにしたいと思っています。

しかしこのドライフード、本当においしそうな匂いがするので、
開ける度に、

「…うまそう…」

ってくんくんしてしまうのでした。


だいぶ良くなってきてます - 2009.05.10 Sun

薬とフードのおかげで、銀のおなかの調子はだいぶ良くなってきているようです。

今日一日、銀がトイレに行くたび見守っていましたが、
さきほど見事にコロッとしたかりんとう状のものをしました。

誰かが出したう○ちを見てこんなにホッとしたのは初めてのことです;

このままの良い状態が、薬をやめても続くことを願ってます。

今日の銀さん。
すっかりリラックスです。


gin

銀「しっぽチョーうまい」



gin

銀「ずるずる、だらーん」

銀さん、おなかがやばいことになってます。



gin

銀「このベッドの枠が悪いのよ」

買ったばっかりなんで、破壊しないでください。


もらった薬は明日の分でなくなってしまいます。
早く薬に頼らないでも健康なう○ちができるといいね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

現在、頂いたコメントに対して個別のお返事をしておりません。 コメントはひとつひとつ大事に読ませて頂いていますが どうぞご了承くださいますようお願いいたしますm(_ _)m

Author:hyakka
旦那とのふたり暮らしの生活に
喝を入れるべく迎えた
初めての猫に試行錯誤の日々。

【銀】
サビ猫。
2008年9月生まれ(推定)
チャームポイント:あご。
アレルギー持ちと診断されました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
猫 (419)
猫を飼う前に (3)
旦那の猫写真 (10)
猫まんが (7)
猫の病院通い (26)
雑感 (63)
はじめまして (2)
猫動画 (5)
読んだ本 (9)
お茶の間劇場 (2)
東北地方太平洋沖地震 (38)

FC2カウンター

プチ月別アーカイブ

twitter

チーム☆ドM猫

三頭身倶楽部

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。