Welcome to my blog

サビ猫と一緒

初めて猫を飼いました。夫婦ふたりとサビ猫銀の日常です。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あるがままに

ご無沙汰しちゃっててすみません。
(って、最近毎回言ってるな^^;)

実は今月、親族を亡くしました。

急だったので、のこされた家族の気持ちの整理がとてもつかなかったことや、
やるべきことが多々あり、日々追い立てられるようにバタバタしておりました。

初のお彼岸も過ぎ、やっと身辺が落ち着いてきましたので、
いつも銀のことを気にかけてくださってる皆さんにご報告しなければと思った次第です。



CIMG5861.jpg


猫を見ていると、自然を、なりゆきを、
あるがままに受け入れるのが、正しいのだと教えられます。

あるがままに。

運命は流れる水のようです。
竿を差してもいつかは流れに乗って、辿り着くべき場所に向かっていくのです。


CIMG5866.jpg


悲しさはきっと消えることはないでしょう。
でも、家族がいつまでも悲しさにとらわれていることを、故人は望まないと思うのです。

故人のことを心に留めたままでいい。
でも残されたわたし達はちゃんと前を向いて、
わたし達それぞれの人生の道を歩いて行かなければいけないのだと、そう思います。



乱文すみません。
次回からは元のブログに戻るので、心配しないでくださいね。



- 1 Comments

Puriko  

ほんと、そうですね。
あるがままに。
運命を恨む事無く。
生きていると大きな流れみたいなのを感じる事が有ります。
その流れに乗っている我々。そして何か守られてるような感じも有り。

逝かれた魂のご冥福をお祈りいたします。

2013/10/01 (Tue) 12:20 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。