Welcome to my blog

サビ猫と一緒

初めて猫を飼いました。夫婦ふたりとサビ猫銀の日常です。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 逃避行

前回の記事では、沢山のお悔やみの言葉をいただき、
ありがとうございました。

ここに祖母のことを書くのには、ちょっとためらいがあったのですが、
今まで震災の記事でちょくちょく祖母のことを書いていたので、
訃報でもきちんと御報告しなければと思い、書いてみました。

祖母は、こんな時期に亡くなったおかげで、
普通の葬儀をしてやることもできず、
残された者は今でもとても悔しい思いをしていますが、
それでも年齢をみれば大往生だったのだし、
坊さんにお経をあげてもらえたし、
まだ遺体も見つからない方がまわりに沢山いるなか、
悲しいですが、こらえるしかないよな…と思ったりもしてます。


CIMG4503.jpg


この震災のせいで、今この瞬間も、泣かずにいられない人が沢山いるんでしょうね。
どんだけ悲しいことが続くんだろう。

私自身は、このブログを通して、いただいたコメントや、
回ってるカウンタの数を見るだけでも、
すごく救われてます。

だから大丈夫です。
御心配をおかけしてすみませんでした。

また通常の猫ブログに戻ろうと思います。


CIMG4501.jpg


銀はもうすっかり普段どおりです。


今回の震災があってから、ガソリンが入れられる今のうちに、
いつも車に満タンにしておくようになりました。

いざというとき、いつでも銀を連れて逃げられるように。

猫は、神様から預かってるものだと思っています。
だから、また神様に返すそのときまで、
私が出来る限り守らないといけないと思ってます。

しかし、未だこの震災は収束したわけではありません。

これから先、もしかすると、また避難しなければならない事態になるかもしれない。

その時、私は銀を守れるだろうか?


CIMG4508.jpg


今回、震災で、特に原発関係では、
置き去りにされて過酷な運命をたどった動物が沢山います。
動物たちをレスキューしてくださってる方々のブログを読みました。
悲惨な写真も沢山見ました。
数日間、その画像が頭から離れませんでした。

飼い主たちも、置き去りにしたくてそうしたわけでは決してありません。
そして私もまた、今後その立場に立たないとは限らないのです。

昨日もガソリンを入れながら、
銀を連れて遠くの知らない街まで逃げる図を想像してみました。
ふたりなら何とかうまくやれそうな気がしました。

そういう事態にならないといいなあ、と思いながら。

- 5 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/26 (Tue) 17:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/26 (Tue) 18:40 | EDIT | REPLY |   

Puriko  

Re: 逃避行

hyakkaさんが、「ご心配お掛けしました」なんて言う事は無いですよ。
何も悪い事してないんだから。

「猫は神様の預かりもの」と言う言葉が心に響きました。
天からの授かりものだもの、大切に天に戻るまで育て上げないとね。

うちでも、キャリーバッグはすぐ手に届く所にいつも用意して、地震警報が鳴る度にPetakoがヒメのとこに走ってリードを付けます。
東京でもいつ直下型のものすごい地震が無いとも限らないし、実際震源地は関東に近づいてるし、家屋倒壊や火事の怖さもある。
何かあった時に離れ離れになったらもう会えないかもしれないなんて考えるとおかしくなってしまうので、いざという時にすぐに一緒に逃げられるように備えてます。

そういう事態が無いのが一番なのですけどね。
それを祈りましょう。

家具が倒れてきたり、家が燃えたりしてきたら、先ずこの子を助けないとね。
大切な、神様からの預かりもの、なのだから。

2011/04/26 (Tue) 19:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/26 (Tue) 19:38 | EDIT | REPLY |   

松川  

Re: 逃避行

北の果て、北海道まで逃げて来られた際にはご一報を。
我が家でよければ避難所として提供します。
もれなく、よだれかけ配色のサビ猫がついてきます。

2011/04/27 (Wed) 02:15 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。