Welcome to my blog

サビ猫と一緒

初めて猫を飼いました。夫婦ふたりとサビ猫銀の日常です。

 ジェニイ

ポール・ギャリコの「ジェニイ」を読みました。

初出版は1972年。
文庫版は1979年に第1版が出ていて、
私が読んだ図書(図書館の本)ですでに27刷になってました。

ストーリーはというと、
突然真っ白な猫になってしまい、ロンドンの町に放り出された、
8歳のピーター少年が、優しく賢い雌猫ジェニィに助けられながら、
冒険の旅に出て成長していく、というお話。

作者のギャリコが猫好きなだけあって、
猫を飼っていれば首肯せずにはいられない猫の習性や行動について
猫の視点で色々書かれています。

国も時代も越えて、猫っていつでもこうなのね、
ギャリコの猫も、うちの銀も同じことしてるのね、って思って
なんか妙に親近感というか嬉しかったというか。
(なんというか、言葉が下手でうまく説明できなくてホントすまん)

終わり方も幸せなようなほろ苦いような、
あったかいんだけど、さびしいような、
ちょっと切ないけど、これで良かったんだなあと思わせる終わり方でした。


ジェニィ (新潮文庫)ジェニィ (新潮文庫)
(1979/07)
ポール・ギャリコ古沢 安二郎

商品詳細を見る


梅雨のひとときに最適な、大人のための童話だと思います。




あら、今日は銀のこと書くのすっかり忘れちゃったわ。


12 Comments

Puriko  

あ、ジェニィだ。
出かけるときにいつも読んでいたくせに、まだ最後の最後で中断してて未読のジェニィ。
hyakkaさんのレビュー読んで、あらためて最初から読んでみよっと思いました。
ありがと、hyakkaりん!!

銀さん今日はいないけど、忠猫銀公さんだから、おうちでhyakkaさんの近くにぴったりいてみかんネットのボールでアサヒビールの箱ん中ででも居るんでしょう!!

今日もドライで乾杯するかな。銀公さんのために。

2010/07/07 (Wed) 12:31 | EDIT | REPLY |   

shimasa  

お久しぶりです!
コメントは久しぶりですが、いつも銀ちゃんとのこと微笑ましく拝見しています。
この本、私も大好きです!
通勤中のに読んでいて、すっかり夢中になり電車を乗り過ごしました。
ホント!大人のための童話ですよね~。
また読みたくなりました。

2010/07/07 (Wed) 21:26 | EDIT | REPLY |   

sally  

有名な本なのでしょうね、
でも私知らない・・・。
けど、読んでみたいです。
大人のための童話だなんて♪
今度本屋さんに行って探してみよっと!!

2010/07/08 (Thu) 00:02 | EDIT | REPLY |   

Puriko  

やっぱり「くずかごに頭を」でした。
ワイン傾けてる時でも観てください。仕事前はアカンですよ。
私はこれは何度観てもアカンです。
http://www.youtube.com/watch?v=tnD1LK7Ikvk

2010/07/08 (Thu) 05:02 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

Purikoさんへ

さすがPurikoさん、ジェニイを既に読んでらしたとは。
小説って一旦途中で読むの止めちゃうと、
なかなか次のページに進まなくなるときありますよね。
頑張って最後まで読んでくださいね~そしてジェニイについて語り合いましょう!

毎日ドライ?ウラヤマシイ
私なんか最近毎日発泡酒よ~。

2010/07/09 (Fri) 11:04 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

shimasaさんへ

お久しぶりです!!
おおっ、shimasaさんもジェニイを読んでらしたとは!
通勤途中に電車の中で小説を読む方って結構多いですね。
でもこのジェニイは続きが気になって、私も駅を乗り過ごしてしまいそう;

2010/07/09 (Fri) 11:07 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

sallyさんへ

私もジェニイっていう小説があること自体つい最近まで知らなくて。
たまたま「猫 小説」でググってて偶然見つけたんです。
猫小説としては結構古典みたいですね。
おすすめですよ~。
もし見つけたら是非読んでみてくださると嬉しいです!

2010/07/09 (Fri) 11:10 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

Purikoさんへ2

なんか泣きそうで怖いな…と思いながらも、
発泡酒を片手にyoutubeに行って来てみました。
。・゜・(/Д`)・゜・。
これは…これはアカンですね。泣きました。
出勤前に見なくてよかった。
なんというものを教えてくれるんだPurikoさん!
銀がますます愛おしく思えてきたじゃないですか。
ありがとう。

2010/07/09 (Fri) 11:14 | EDIT | REPLY |   

union-jack  

「ハァチイ」の次は「ジェニィ」ですのね(って、まんまやんけ)。
良さげな本ですね。知りませんでした。読んでみたいです~。探してみます。
最後、泣いちゃうやつ? 私、泣き虫なんだけど大丈夫そう?
ところで最近、老眼…イヤイヤ、遠視が進み、電車内での読書がつらくてねぇ~(シミジミ)歳は取りたくないねぇ~

youtubeの猫動画見て、私なんてしょっちゅう泣いて鼻詰まり起こしてますよ(笑)

2010/07/09 (Fri) 23:23 | EDIT | REPLY |   

ウリ  

おひさしぶりです!!
最近読む本を探してたので読んでみようかな><

いえで誰も居ない日に・・w

↑泣いちゃう人

2010/07/10 (Sat) 17:54 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

union-jackさんへ

あ、ホントだ、ハァチィとジェニイ、そのまんまですね!w
ジェニイですが、泣かせる小説ではないと思います。
ニャンコの冒険活劇と言った方が近いかしら?
文庫版は文字がちっちゃくて、老眼には辛いかもねえ…。でもがんばって!

youtube、猫動画結構沢山あるんですね。
おばちゃん、最近涙もろくってダメだわ~。

2010/07/10 (Sat) 20:50 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

ウリさんへ

お久しぶりです~!
ジェニイ、泣かせるお話ではない(と思う)ので、大丈夫ですよ!
猫になった少年が四苦八苦しながら成長していく物語です。
最後も、私はちょっと寂しい感じがしたけど、大団円と言っていいと思います。
もし見つけたら、読んでみてくださいね!

2010/07/10 (Sat) 20:53 | EDIT | REPLY |   

Add your comment