Welcome to my blog

サビ猫と一緒

初めて猫を飼いました。夫婦ふたりとサビ猫銀の日常です。

 私の男

今日は朝から仕事なので、
初めて予約投稿ってのをしてみました。

どうでしょ。ちゃんとUPできてる?

今回は、自分の記録のためにも、
最近読んだ本のことを書きますね。



私の男私の男
(2007/10/30)
桜庭 一樹

商品詳細を見る



いやー、以前だったらこの系統大好きで読んでたと思います。
読む人が何らかの形で「傷つく」ような、
切りつけるような物語。
一気に読んでしまいました。
あ、今でもやっぱりこういうの好きなんじゃん。
桜庭一樹さんの違うお話も読んでみたくなりました。

小説の内容はというと…。
帯に書かれていた、
「なにもかもを奪い合う、父と娘」
ってのが一番合ってる…かな。

家族って何だろう、と考えさせられました。

6 Comments

タラ  

おぉ~面白そうな本!
記録にもなりますよね~
私もしょっちゅう同じ本買っちゃうんで(-_-;)
小説もなるべくUPしようかしら。。

2010/01/14 (Thu) 12:51 | EDIT | REPLY |   

ドンタコス下僕  

気になる本ですね。
『わたし』と『私』の使い分けが意味深ね。
日本語ってすごいって思う時があるわ。
わたし、ワタシ、私…同じ単語なのに受ける印象が違うわよね。
いく通りにも取れる複雑な所が日本文化なのかも…
とか真面目に考えちゃったウフフ

2010/01/14 (Thu) 15:01 | EDIT | REPLY |   

sally  

おお!何その内容!?
気になるわ!
切り付けるような物語?

2010/01/14 (Thu) 22:29 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

タラさんへ

タラさん…同じ本をしょっちゅう買っちゃうんですか?
うちの父みたいですね(笑)
「好きだな、読みたいな」と思う本の系統がある程度決まってるから、同じ本買っちゃうのかしらね。

2010/01/15 (Fri) 10:59 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

ドンタコス下僕さんへ

あら、もしかして下僕さんはこの本読んだのね?
そうそう、わたしと私の使い分けが絶妙なのよね~。
ほかにも、お父さんとおとうさんの使い分けとかもあったっけ。
日本語って、ひらがなもカタカナも漢字も使えるから、
それだけでもいろんな表現ができるんでしょうね。

そういえば、私もhyakkaとひゃっかと両方使ってるのよ~ウフフ


2010/01/15 (Fri) 11:03 | EDIT | REPLY |   

hyakka  

sallyさんへ

sallyさんが食いついたぞ(笑)
結構ね、ショッキングな内容でもあるんですよ。
人のモラルからは大きく逸脱した父と娘の話だし。
人によっては、そういうの嫌悪する方もいるだろうし、
この小説って好みが分かれそうだな~とは思いました。
でも、さすがに直木賞取っただけあって、内容はすごく読み応えがあって面白かったし、
機会があったら是非読んでみてくださいね~。

2010/01/15 (Fri) 11:08 | EDIT | REPLY |   

Add your comment