Welcome to my blog

サビ猫と一緒

初めて猫を飼いました。夫婦ふたりとサビ猫銀の日常です。

 病院

雪にはならなかったけど、大荒れの一日。

予定していた病院へ行くのも迷うような嵐が吹き荒れてましたが、
嫌なことはさっさと済ませた方がいいだろうということになり、
行ってきました。いつもの動物病院。

ケージにはもう入りたがらないだろうな~と思っていたんですが、
無理やり入れるよりは、自分から入らせようと、ケージの入口を開けてやったら、

「何?」

って感じで、なんと自分からまんまと入りました。

あっはっは。間抜け?

で、まんまと病院へ連行。

さすがに、病院へ着く頃には先週のできごとを思い出したみたいで、
ケージの中で小さく丸くなって鳴き声も立てずじっとしていました。

さて、診察の結果ですが、
あいかわらず耳は汚れているけど、耳ダニはいなくなっているとのこと。

耳の汚れは、細菌のせいじゃないかということで、
耳の中の洗浄薬と点耳薬をもらって帰ってきました。

これから一週間、毎日1回このお薬で耳の掃除をして下さいとのこと、
なんだけど…。

先生みたいに、嫌がる猫をがしっと捕まえて、
耳の中をくちゅくちゅもみもみ出来る自信が全然ないんですけど(汗)

病院から帰る途中の車の中、銀は無言でじっとしてました。

病院から帰ってくるときはいつもそう。
この銀を旦那とふたりで「ぺそ銀」と呼んでます。
ケージのすみっこにくっついて放心状態で、
「ぺそっと」しているから(笑)

まあ、そんな風に夫婦でからかってはいるものの、
すくんでいる銀を見ているのは忍びないので、
人間のお昼ごはんは何か買ったもので済まそうということになり、
コンビニ弁当を買ってきて、家で食べました。

外食好きな私たちなのに、最近外食してないなあ、などと思いながら、
でも急いで帰って銀を解放してあげたいし。

しかしコンビニの弁当というのはいかがなものか。
先週、銀を病院に連れて行ったときもコンビニ弁当で済ませたんですよね。

旦那はコンビニの弁当が好きなので、結構満足しているようですが、
こんなことが毎回続くようじゃ、私たちの体によくないので、
次からは出来るだけ家で手作りのごはんを食べたいと思います。

0 Comments

Add your comment