topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽な方へ - 2011.04.18 Mon

どうもどうも、銀子です。


CIMG4496.jpg


どうも~。

これからお買いものに行くところです。
私、お買いもの大好き!!


CIMG4498.jpg


これ、銀ちゃんリュック。素敵でしょ。

今日は何買おっかな?
るんるん♪


CIMG4497.jpg


…なんて言うかあ~!!


銀はこういうの全然嫌がりません。
さすがドM猫。



***



さてさて、話は変わりますが、最近色々マンガ読んでます。
小説でも、読みたいの沢山あるんですが、
どうも最近、マンガの方がストレス感ずにさらっと読めて良いようです。

ずっと前にPurikoさんがブログで紹介してた、
「テルマエ・ロマエ」
昨日読みました。おもしろかったです。

そうしたら、タイムリーなことに、今日yahooニュースでこんな記事を発見。


阿部寛が古代ローマ人役、上戸彩がヒロイン役で『テルマエ・ロマエ』実写映画化決定


……え?

阿部寛は好きだけど、……。

ラテン語話してる設定はどうなるんだろう。
ここは、どうせ実写化するなら、
古代ローマの人たちはオールイタリア人でやって欲しかったような…。

それから、全裸シーン多いですよね。
っていうか、むしろ、8割が全裸シーンですよね。
それと…、ヒロインなんていたっけ?

最近の邦画って、なんでもかんでも男女ふたりを軸にしたストーリーに
したがってるのが気になってたんですが(特に刑事ものとかミステリー)、
ここでもかって感じです。

まあ、ニュース読むと、原作者も大絶賛してるようだし、
面白い映画になるのかもしれません。多分私は見ないけど

「荒川アンダーザブリッジ」の実写化っていうニュースにもビックリしたけど、
最近本当に、売れてるマンガとか小説を実写化した映画ばっかりですね。

そんなんでいいのか、映画界!


テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


原作はおもしろいよ!

スポンサーサイト

文章が乱れててすみません - 2010.11.03 Wed

荒木経惟の「チロ愛死」を本屋で見つけて、
うっかりパラッとページをめくったら、
泣きじゃくりそうになったのでやめた。

「愛しのチロ」でもおなじみの、
荒木氏のチロさんがなくなり、本が出たことは知っていました。

パラパラッとしか見てないので、
ちゃんとした感想を書けるわけじゃないのですが、
これだけは言わせてください。

私は、今まで、写真ってこれほど雄弁にものを語れるとは思ってませんでした。
だって、写真って文章のように意見や感想をダイレクトに伝えるものじゃないし。
見る人によって、どうにでも取れる抽象的なもんでしょ、って。

「チロ愛死」を手に取ってみて、その考えが変わりました。
本全体が、もう、言葉を超えた言葉を話しかけてくる感じ。

「私の大事な猫が死んでしまった」と。

この本には、何の文も書かれていません。
ただ、チロが衰弱していき、死に、骨になり、骨壷を持つ荒木氏が順番に写しだされていきます。
あとはただ、空、空、空。
いえ、それはただの空ではなく、チロがいる空なのです。



チロ愛死チロ愛死
(2010/09/18)
荒木 経惟

商品詳細を見る





…私はこういう本を読んだ時、馬鹿みたいに涙もろくなりました。
それは銀がいるからなのですが、
そんなの、っていうかこういう本を選んで読むこと自体が、
わざと悲しい映画を見て泣くみたいに不真面目な行為なのではないかと思ったりしてました。

でも、こういう悲しさは銀がいなかったら分かりませんでした。
チロをなくした荒木氏の喪失感、そういうものがきっと理解できなかった。
動物を飼ったことがないひとは、多分、荒木氏に、
「また別の猫を飼えばいいよ」
って言うんじゃないかと思います。
でも、そうじゃない。
ただの猫が死んだんじゃない。チロが死んだのです。

そういうことを銀が私に教えてくれたんです。



「チロ愛死」、
この本をもう少しちゃんと読めるようになったら、
最初から最後まできちんと読もうと思います。


グーグーだって猫である - 2010.10.26 Tue

ブログの更新がだいぶゆっくりになってしまって、ホントにすみません。

さて、この間、色々と本を読んだり、
のんびりしておりました。

遅ればせながら、こちらの本も1巻から4巻まで読みました。


グーグーだって猫であるグーグーだって猫である
(2000/07)
大島 弓子

商品詳細を見る



もっと早く読んどくんだったなあ。
大島弓子だから、メルヘンチックな感じの本かと思って、
今までちょっとだけ敬遠しておりました。
思ってたよりずっと、普通の猫まんがエッセイで面白かったです。

それにしても、大島さん。
捨て猫察知の能力、猫のために奔走するそのパワー、
読んでて、くるねこさんを思い出しました。
4巻のあとがきの段階で、もう13匹もの猫と暮らしてるとのこと。
それ以外に、外猫さんとのつきあいもあるし。
脱帽です。

どの猫さんもみんな大島さんの愛情をもって描かれていますが、
私は個人的にビーちゃんがお気に入りです。
あの、わがままでクールかつドライ、そして子猫に心が狭いあの感じ…(笑)
うちもメスだから、なんか分かる気がしてさ。





今日のうちの猫。

nemui.jpg

天気が悪いので、ひたすら眠いです。
今も膝の上に乗ってねむってます。重い…。

おとこの一生 - 2010.10.11 Mon

まだカメラ買えてません…。

電気屋に見に行ってはみたんですが、
何だか色々ありすぎて、どれがいいんだか分からなくなってきたというか。

コンデジを見に行ったのに、デジイチの売り場で長居してみたりね;

このままイラストブログになるのもありだけど、
やっぱり可愛いうちの銀子ちゃんの写真を載せたいじゃないの!(親バカ)


で、今日は写真もないので、
最近お気に入りの本の紹介をしたいと思います。


娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2009/03/10)
西 炯子

商品詳細を見る



作者が西 炯子さんだし、
題名も女偏に男の「おとこ」だから、
BLだとばっかり思って手に取った本だったのですが
(実は最近ちょっとBLは敬遠してる)
いやいやしっかり男女間のラブストーリーでした。


主人公は30代中ごろの女性。
一流企業で出世して良い地位に就いてる、
バリバリのキャリアウーマン(古い言い方)ですが、
妻子がいる男性との恋愛が多く、
世間一般で言う「幸せ」からはちょっと遠のいてしまってる子。


美人で有能で、気も効いて家事もできるいわゆる「良い子」ですが、
実はガサツで男っぽいところがあり
(疲れて面倒だから風呂に入らなかったするシーンもある)
ちょっと親近感がわいてしまう女性です(いや、私は疲れてても風呂には入るけど)


彼女の人生にのっそり入りこむのが、50代独身の海江田教授。
京都弁を話し、インテリだけど家の中ではパンいちで歩き回るこの教授が、
おじさんなのに段々男前に見えてきて、
マンガを読み終わる頃には私も海江田先生のとりこでしたよ。


3巻で終わりなのがこんなに残念だった本も近頃ではなかったです。

本が当たったよ - 2010.08.26 Thu

先日タラさんちの2周年記念企画に応募したら、見事当選したのです。
わーいわーい。
クジ運なくても、応募はしとくものね。
でも今年の運をこれで全部使い果たしてしまったんじゃないかとちょっと心配。

で、タラさんチョイスの御本が先日届きました。


CIMG3285.jpg


開けた瞬間、爆笑。

これって、タラさんのこの記事のよね。

いやー、「スローセックスの教科書」しばらく手に取るのをためらいましたよ~。
読みこんでる私を見た旦那がどう思うのかなあと思ったりして(笑)
いやまあ、実際はあんまり何とも思わないんだろうけどさ~。
旦那さんとは、付き合ってる頃から数えると、もう12年の付き合いだしね~。

で、本ですが、この値段(800円弱くらい)でDVDが付いてるってのがビックリ。
まだ見てないんだけど、これ、著者も出てるのかしらドキドキ
本を読んだら、アダム徳永がどんな人だか、めっちゃ気になってきてるんですけど。

内容は、そのものズバリ。
「教科書」と書いてあるだけあって、男女お互いが気持ちよくなれるセックスについて、
分かりやすく親切に書いてあります。
まじめ過ぎないし、文字数もそんなに多くなく、さらっと読めるので、
意外とこれお勧めかも~。
売れてるだけある一冊でした。

私はこれを読んだら、
「男に生まれたかった…」
と思いました(笑)

さて、DVDはいつ見よう。


CIMG3287.jpg

アダムタッチ初心者。

銀「まだまだね…」



2冊目。
中村明日美子さんのこの本は、実は以前借りて読んだことがありました。

でも、当時さらっと読んだだけですぐ返してしまってたので、
もう一度読みたいと最近思ってたんですよね。

これがもう一度手元に来たということに、なんだかこの本との御縁を感じました。
中村明日美子、もっと読んでみよっと。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

現在、頂いたコメントに対して個別のお返事をしておりません。 コメントはひとつひとつ大事に読ませて頂いていますが どうぞご了承くださいますようお願いいたしますm(_ _)m

Author:hyakka
旦那とのふたり暮らしの生活に
喝を入れるべく迎えた
初めての猫に試行錯誤の日々。

【銀】
サビ猫。
2008年9月生まれ(推定)
チャームポイント:あご。
アレルギー持ちと診断されました。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
猫 (419)
猫を飼う前に (3)
旦那の猫写真 (10)
猫まんが (7)
猫の病院通い (26)
雑感 (63)
はじめまして (2)
猫動画 (5)
読んだ本 (9)
お茶の間劇場 (2)
東北地方太平洋沖地震 (38)

FC2カウンター

プチ月別アーカイブ

twitter

チーム☆ドM猫

三頭身倶楽部

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。